« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

わしゃわしゃからスッキリ

わしゃわしゃからスッキリ
トリミング終了☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結構間違っている、恋愛・結婚ジャーナリズム


日産からフェアレディーZの新型が発表になったとき、
「いまの若者はスポーツカーに乗らない
女性にモテようとしていない」などと批評する人が多くいました。

しかし、これは若干論理が飛躍しているような気がします。
なぜなら、現代の車社会においてスポーツカーモデルが圧倒的に少ないのです。
それも、2000CC以下では該当する車すら皆無です。
トヨタやスバルがそれっぽい車を出していますが、
どちらにしてもターボやスーパーチャージャーなので維持費を考えると
購入を避けるのも当然だと思います。
フェラーリF360がATを採用したことによって、
スポーツカーの意味すらもはや無いような気がします。
世界的にAT化が進みましたし。

婚活についても、統計学的なデータであって
本質が抜けている本が巷では多いです。
もっとも、遺伝子レベルでも研究されているでしょうが
それは、一般受けしないでしょうから。
※まぁ、婚活や遺伝子レベルの本も読み物としては面白いですが(…と一応フォ
ロー)

体臭=フェロモン  
という説を唱える学者がいますよね。
これは、裏づけがあって
体臭を受け入れられるひと=身内の血筋ではない人
ということのようです。
遠縁になればなるほど子孫が繁栄しやすいということです。
つまり、古代において戸籍制度の無い次代に
近親婚を避ける能力がそこにあったということでしょう。

しかし、現代に生きる人間にとってこの能力はほとんど不必要ですよね。
ちなみに思春期の娘さんが父親の臭いを嫌うのも関係があるのではないかという
研究もあります。

要するに生活の多様化によって過去の常識が現代では通じないことが多くなり
そのことを弁えて、報道なり、活字にしてもらえれば
未来の日本、世界に役に立つのになぁ…と思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

きました!

きました!
地獄の季節。
全編英語とフランス語。
フランス語部分は翻訳されたものが図書館にあるので
英語の翻訳頑張ります…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

明後日は愛犬のトリミング

明後日は愛犬のトリミング
そして、僕の散髪代より高い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライカM3を楽しもう!No.1

ライカM3を楽しもう!No.1
まずライカM3を買ったら
オーバーホールをしましょう。
費用としては15万円前後。
高く感じるかもしれませんが
一度やっておくと5〜10年は良いコンディションが保てます。
それと単体露出計が必要ですが
なるべく小さくていつでも使えるサイズがベストです。
スナップならシンクロターミナルも要らないです。
1日中首から下げていても気にならないものが良いですね。

あと、オーバーホールの際に使うレンズに距離計をあわせてもらうことも忘れないでくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

機材

機材
ライカM3
50mmズミクロンF2初期型・固定鏡
ノンブランドレンズフード
ハクバレザー編み込みストラップ
セコニック追針式露出計
ノンブランドポーチ型カメラバック
フィルム4本
油性ペン
セーム皮


これで一式撮影機材です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きな洋画、洋楽。


洋画BEST5

1 シンドラーのリスト/監督:スティーブン・スピルバーグ
2 イージーライダー/監督:デニス・ホッパー
3 スリーパーズ/監督:バリー・レヴィンソン
4 バッファロー'66/監督:ヴィンセント・ギャロ
5 アメリカンビューティー/監督:サム・メンデス


洋楽BEST5

1 STAY GOLD/スティービーワンダー
2 雨の日と月曜日は/カーペンターズ
3 I'll be there/ジャクソン・ファイブ
4 LOVE/ジョン・レノン
‐ My Romance/ハンク・ジョーンズ(インストゥールメンタル・ピアノソロ
バージョン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕の好きな日本のベスト3


好きな日本の小説

1 雪沼とその周辺/堀江敏幸
2 デットエンドの思い出/よしもとばなな
3 或る「小倉日記」伝/松本清張


途中で挫折した本

○ 舞姫/森鴎外
○ ぢん・ぢん・ぢん/花村萬月
○ 大江健三郎作品全般


好きな邦楽

1 ぼくと観光バスに乗ってみませんか/森田童子
2 カレーライス/遠藤賢司
3 FORGET-ME-NOT/尾崎豊


好きな日本の俳優(男性)
1 山崎努さん
2 柄本明さん
3 藤原竜也さん

(女性)
1 樹木希林さん
2 上戸彩さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

日本の映画とミュージックフェア21


好きな邦画と言うよりは印象に残った邦画BEST3
1 血と骨/監督:崔洋一
2 日本の夜と霧/監督:大島渚
3 座頭市/監督:北野武

次点 Dolls/監督:北野武
   御法度/監督:大島渚

独断と偏見で。
コメントをかくとネタバレしそうなので。

ところで、今日のミュージックフェア21は
本当に凄いメンバーでした。
名前が出ないスタジオミュージシャンも
日本を代表するようなミュージシャンが演奏していました。
それにしてもかまやつさん、古希ですか。
若いですよね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠れないので、シンセサイザーの補足


前回書いたシンセサイザー…は
PCM音源と言う方式なのです。
厳密に言うとサンプラー音源と言う感じですね。
元来は、moogのような電子音の破裂を加工したものです。

オシレータ→アンプ→フィルタ→エフェクタ
この流れで、音を作って行きます。
一般に売っているものはバーチャルアナログシンセと言う部類に入ります。

オシレータは音を発するもので、サインウェーブやノイズなど数種類から選択し
ます。
アンプは音の減衰を決めるものです。
例えば、ピアノはどう頑張ってもロングトーンが出せません。
しかし、アンプによってピアノの音をアンプで加工してバイオリンの減衰にする
などができます。
フィルタは音の特性、を決めるもので、ギターエフェクタでも同じようなことが
行われています。
ワウカッティングみたいにカットオフの周波数を決めそこにレゾナンスで癖付け
る。
エフェクターは主にコーラス、ディレイ、リバーブの各値とフィードバック値や
配列を決めます。

この工程はアナログでもPCMでも変わりません。
唯一、ヤマハDX7のFM音源(フリーケンシー・モジュレート音源)が例外かと思
います。
アメリカ、スタンフォード大学が考案しヤマハが実用化させた音源で、
加算倍音方式が特徴です。
多くのミュージシャンに支持されDX7は世界中で大ヒットを記録しました。
DX7はLFO(ロー・フリーケンシー・オシレータ)を持っていません。
ですからオシレータのひとつを低周波数にする必要があります。
(LFOはビブラートのような特性を持ちシンセには欠かせない機能です。)
周波数は一定にしないといけないためfixします。
あとは、そんなに難しいことは無いはずです。
アルゴリズムの組み合わせによって
この世界に存在しない楽器を作ることができるのがFM音源の特徴です。

と、ここまで書いたのにこれは全て今となってはPC一台でできてしまいます。
勿論、バーチャルですが
その違いが分かる人は、皆無だと思います。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

地獄の季節、納税の季節。


ロバート・メイプルソープのA Season in Hellと言う写真集を注文しました。
カードはなるべく使いたくないので
amazonではなく他の通販で。
しかし、amazonは安いですよね。。。
中古本も代引きできればいいのになぁ。
納税の時期だし、財布の紐もかたくなってしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

デジタルカメラについて〜最終章〜

http://olympus-imaging.jp/product/dslr/e30/special/photologue/index.html いつか、こんな風に撮れたら… (注意 音が流れます) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタルカメラについて〜その2〜


実は、デジタルカメラは手間がとてもかかるのです。
レタッチという作業が必要なのですが
これが、うまくいっている例と言うのが非常に少ないと思えます。
カラーの場合ですと、必ず色が被るのです。
色の被りが一番のネックになると思うぐらい
デジタルで難しい作業だと思います。
ニューカラーみたいにあえて被せると言うのとはまた違います。
ニュートラルな発色が出来るのは奇跡に近いです。
モノクロはトーンとコントラストですが
これも、本当に自分のコントロール下に置くのは
至難の業です。

でも、デジタルで素晴らしいカメラも生まれました。
オリンパスのデジタルカメラ(フォーサーズ)と言う規格。
E-1で採用されたときに、失敗するのではと思いましたが
現在はパナソニックも採用しシグマは対応レンズを作っています。

フジフィルムのデジタルへの意気込みは本当に凄いです。
規格、ボディーはニコンを採用。
カラーバランスは分かりやすく
かなりコントロールしやすいカメラです。

シグマが本格参入。
30ミリF1.4のレンズとの相性は他のメーカーとは雲泥の差です。
あと、一眼レフでもシャッター音が小さく、
レスポンスも群を抜いています。
コンパクトもいいカメラを作っています。
大きなCCDを採用したので、
他社で出るようなノイズが激減します。

とはいえ、結局、何で撮ったかではなく
何を撮ったかが重要なのです。
何を疑問に思い、何にシャッターを押したか…
そして、沢山の写真展や写真集を見ることが
とても重要なのです。
このことは、写真を撮る人にもカメラメーカにも問いたいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

カッコイイ日本のシンセサイザーの曲

1 access/scandalous Blue
浅倉さんはまだPCではなくYAMAHAのシーケンサーのみで
曲を作っていました。
抜群の音圧です。
シンクラビアをいち早く手に入れたアーティストでも有名です。

2 Soft Ballet/Piled Higher Deeper
まだ、日本でテクノが根付く前のこのサウンドは
今でも、新鮮です。

3 JYONGRI/Hop,Step,Jump
音圧の使い方が本当に上手いです。
エフェクターでディレィが少ないのも新鮮です。
今後、伸びるミュージシャンです。

番外編
Manish/走り出せLonely Night
普通のJ-POPですが、歌詞が好きなので特別枠で。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタルカメラについて

デジタルカメラが嫌いな理由についてきちんと書いたことが無いような気がする
ので
書いてみます。

まず、写真を撮る人はざっと分けると2種類の職業の人がいて
「カメラマン」と「フォトグラファー」と二分されます。
僕は後者のほうなので「フォトグラファー」としての意見を書きます。

デジタルの最大の欠点は「編集に時間が使えない」ことだと思います。
写真家として写真は、撮るほうよりも編集することが重要になります。
フィルムの場合36枚撮りを100本撮って作品にする場合
3600カットの中から40作品から100作品に絞るのです。

撮影→現像→ベタ焼き→選択→プリント→発表
が大体の手順です。
僕は、ベタ焼きから選択で最低でも1ヶ月は取りたいです。
出来れば1年ぐらい取れるのが理想ですが。

で、デジタルは編集しながら撮影をしてしまうのです。
これは、どうしても人間の心理として
デジカメを編集しないで撮影が出来る人はあまりいないと思います。

ある程度、現場で完結してしまう。
果たしてそれが良いのか?
観客は写真だけを見るのですから
現場での写真家の思い入れなどは極力表現として避けるべきだと思います。
それが出来る、タフさを持ったフォトグラファーが現れれば
写真も変わると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

だいたい履歴書

1977年 北海道斜里郡に生まれる
中1 不登校になる
中2 環境が変わり中学生を謳歌
高1 再び不登校 そのまま中退
18歳 大検合格
19歳 音楽の勉強のため上京、作曲学科に入学
21歳 作曲学科を卒業と同時に音楽大学に入学
22歳 レーベルでアシスタントとして活動、大学中退
23歳 音楽オーディションを受けまくり、そして落ちまくる
25歳 ソニー系事務所に補欠合格
26歳 吉本興業の雑用係兼俳優として舞台に出る
27歳 芸能界の夢をあきらめ、就職のため写真のカルチャースクールに通う
27歳 雑誌社にて写真家・内田ユキオさんと知り合う
28歳 撮影中に事故でカメラストラップが左腕に食い込む(左手に麻痺が残る。後に脊椎も影響する)
28歳 事故で歩行困難になり北海道にもどる
30歳 妻の実家の大阪移住を決断、入籍。
31歳 個展開催

| | コメント (0) | トラックバック (0)

注目の裁判判決

明日、江東区隣人事件の判決が出される。
極刑かそれ以外か。
裁判員制度がなければ
無期だと思うがあくまでも推測。
いづれにしても
歴史的な判決になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

デジカメの可能性を信じて

デジカメの可能性を信じて
本来デジタルは好きではないのですが
やっと最近
値段もスペックも
まともになってきたと思います。
写真家という職業柄
やはり最終的にはプリントアウトするわけで
そこまでにかなりの画像劣化のプロセスを
踏まなくてはいけないのですが
まだ、そこは
クリアー出来ていない問題です。
ただ、予想外の展開で
主力じゃない会社が
頑張ってくれています。
シグマやパナソニックなど。
あと2〜3年で
デジタルの状況も変わりそうです。
しかし、キャノンやニコンから
良いデジカメが出ないのは
とても残念ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

通信会社勤務の妻

昨日妻に
「似合うね、モトローラのメガネ」
と言われました。

…アルマーニです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買ってしまいました。

…逆チョコ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

逆チョコとフェミニズム

今年のバレンタインデーは
少し様子が違うようです。
男女同権主義も少なからず影響しているのではないでしょうか?
話はわからなくもないです。
が、しかし
本質はチョコの受け渡しではなくて
もっと深く考えるべきだと思います。
逆チョコも良いですが
男性はこれを機にPMSなどを勉強し理解することの方が
重要な気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

茶番をなめたら…

あれだけ不発の現内閣、
しかし、状況が変わってきた。
自民党のウチゲバによって、
ニュースは自民党ばかり取り上げる。
麻生vs小泉
は建前上。
次の総選挙はおそらく
郵政民営化賛成組も反対組も
自民党は公認するであろう。

問題は野党、民主党。
小沢vs前原vs菅が本気でもめているからである。

また、与党が優位になりそうである。

渡辺議員の心の声は
「ポイしないでください」
に近いと思う。
こうなれば
新党ビッグピーチをつくる意外ないと思ってしまう。

渡辺さんは応援していただけに少し残念。

(注意)ビッグピーチは複数の意味を持ちます。
間違っても英語圏で使用しないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

遊びに夢中

遊びに夢中
今日も元気!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

夢の中へ

夢の中へ
半分、寝ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジフィルムは偉い!

デジタルブームの中
富士から中判カメラが発売になりますよね!
NikonはF6とFM10以外の銀塩はないし
キャノンはデジタルオンリーなはず。
クラッセなんか
本当に良いカメラだし
これで写真を始めると上達も早くなると思います。
強いて難点を言えばPモードでのストロボ発光がわかりにくいです。
ワンボタンでoffになれば良いのですが。
いずれにしても
新品での値段も買いやすくなっているので
かなり、欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々

日々
難波まで用事で出掛けたのですが
大阪府庁の前で信号に引っ掛かったので
写真を一枚。
橋下知事には会えませんでしたけれどね!
何だかんだで忙しくて
今月中にも東京出張予定です。
個展は早ければ今年中に出来るかもしれません!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

最近

CMで流れている電気グルーブの曲がカッコヨイ!
コーネリアス惜しかった…
夏目漱石は帝大(東大)で英文学ではなくて
漢文を専攻すれば
長生きしたという説を中学生ぐらいの時に聞いたのだけれど
如何に?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イージーライダー

1969年の衝撃作ですよね。
日本では全共闘の時代です。
2009年にオバマ大統領が就任しました。
少しずつ時代は変わったとは思いますが
まだまだイージーライダーの問題は
残っていますよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

写真家の時間

ロバート・フランク(視点)
ジャンルー・シーフ(構図)
荒木経惟さん(繊細さ)

↑尊敬する写真家。
アニーリーボビッツの映画を観ても
変わりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わかりあうこと

やっとライカと50ミリのレンズが
心を開いてくれました。
最初は敵対していたぐらい
気難しいレンズでしたが
購入して約5年。
理解できるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

メガネ〜後編〜

メガネ〜後編〜
前編で言っていたメガネが完成しました!
じつはこれ、バレンタインデーの妻からのプレゼントです!
かなり奇抜なデザインですが
すごく気に入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かばんのなかみ

かばんのなかみ
最近はなるべくライカを持ち歩くようにしています。
鞄にはライカズミクロン、単体露出計、セーム皮、ネオパンプレスト3~4本。
で、このフィルムは最初はあまり気に入ってはいなかったのですが
現像アンダーにすると
粒子がとても細かいことがわかり
それからは
プレスト以外は使っていません。
増減感にも優れていて
ほとんどの条件で
撮れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

メガネ~前編~

メガネをつくるにあたり
眼科に行ってきました。
そこで意外な真実が…
アレルギーが発覚しました!
ずっと目が痒かったので納得。
なぜメガネを購入するに至ったかは
後編で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M3で撮ったからではなくて

ライカなんて究極の道楽と思っている方も
多いのではないでしょうか。
問題はライカで撮るからいい写真と言うわけではないのです。
いい写真を残したい瞬間に出会ったから
ライカで撮るのです、たぶん。
50mmレンズは本当に使いにくいです。
最近はT2の38mmばかり使っていたので、
特に思いますね。
ただ、50mmでもあおったりすれば
かっこよく撮れます。
でもそれが本当にいい写真かどうかは疑問です。
ありのままを写すことって
なかなか難しいんですよね。
特にライカを使うぐらいですからテンションもあがりますし。
ただ見逃してしまうことの方が多いのも事実で
いかに自分を自制できるかが
良いライカ使いと言えるのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛用品

愛用品
友人から戴いたアメリカ海兵のコート。
めちゃ温かいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

うたたね

うたたね
布団で昼寝中の愛犬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

写真家は1日にしてならず

写真家は1日にしてならず
このカメラを味方につけられるか
写真家が何を撮りたいかが明確じゃないと
何も写らない感じです!
ライカにもAE機種があって
値段も20万円台ですが
まず、フルメカニカルで50mmで基本を覚えた方が
後々らくだと思います。
ちなみにコンタックスT2は
完全にカメラ任せで撮っていますけれどね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »