« 老けた? | トップページ | さつまいも御飯 »

2009年3月17日 (火)

プロとして大切なこと。


写真家は気楽…な面もありますが
実は、結構大変な職業です。

ある、若手写真家が集まる審査会に
作品を持っていくと
まず、褒められることはありません。
ある日超有名写真家さんがMCでいらしたときに
さぁ、松本君の写真について批判してください…と。
会場の人から、一斉に批判を浴びることも普通です。
50枚も持ってきて、一枚も良い写真が無い、とか。

しかし、一昔前なら殴り合い…と言うはなしもあったので
今の若手は楽をしているように思われているぐらいじゃないでしょうか。

昔、郷ひろみさんの歌う歌は
郷ひろみさんしか歌えない。
それは、うまい下手じゃなくて
他のシンガーは恥ずかしくて歌えない。
と言うのを聞いたことがあります。

結構、これは核心を突いた話ですね。
代わりがいないことの大切さ。
上手い下手、では無くて
突出した存在でい続ける大切さ。
(けして、郷さんの批判をしているわけではなく
自分も写真界の郷ひろみさん的存在にならなくてはいけないと言うことです。)

|

« 老けた? | トップページ | さつまいも御飯 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロとして大切なこと。:

« 老けた? | トップページ | さつまいも御飯 »