« 老人と雲丹 | トップページ | 雨の日とライカと月曜日は »

2009年5月27日 (水)

世間の常識

今の映画はDVD化も考えて
撮影するんですよね。
それは世間の常識で
制作もスタンダードなのでしょうか?

写真の世界では
デジタル化がひとまず落ち着いたように思います。
これから劇的な進化は無いと思うので
使い手のセンスが生き残りレースになると思います。
割り切って使えばデジカメも悪くはないかもしれません。
僕はまだまだ使いませんが。
しかし体質的な問題で有無を言わさず「デジカメで撮って下さい」というのは
結構、失礼な話しだと思います。
なぜなら、道具を選ぶこともカメラマンのセンスだと考えるからです。
老舗の寿司屋でネギトロをたのむ…
中華料理で、クックドゥを使ってと
言う感じに近いかもしれません。
カメラマンがデジカメを使わない理由は
それぞれで画質の問題もあると思います。
しかし、雑な作業を嫌うアンチテーゼであったりもするので
そのへんをよくご理解いただきたく思います。

結論
儲けようと 思ったときに
その業界の衰退が始まっている

…かもしれない

|

« 老人と雲丹 | トップページ | 雨の日とライカと月曜日は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世間の常識:

« 老人と雲丹 | トップページ | 雨の日とライカと月曜日は »